FC2ブログ

王子よ何処へ・・・

王子との笑えない日々・・・、どうすりゃいいんすか・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省で反省?

先日のことですが、お盆に帰省をしました

車だったのですが、方向とタイミングがよかったのか、少しも渋滞することなく、実家との往復ができました

これから書くのは、帰りの高速のパーキングであったことですが、懺悔というか、自分への戒めというか、いろんな気持ちを込めて書きたいと思います

長くなりますし、いつもと毛色が違いますので、「続きを読む」にしますが・・・

重たい感じがイマイチな方はスルーしてくださるとありがたいです



実家からの帰り、ある高速のパーキングで休憩をしました

パーキングは混んでおり、停める場所を見つけるのも一苦労するような状況でした

私が、おトイレ休憩を済ませ、車に戻ると、私の車の隣に止まった車の助手席から、ちょうど人が降りたとこでした

そして、隣の車のドアは大きく開かれていて、私の車に思いっきりぶつかっていました

降りて来られていたのは、ネクタイ、スーツ姿の50代くらいの男性

男性は私を見て、バツが悪そうな顔をして、「こちらの車の方?」と聞いてきました

私は、なんで少し上からなんだよと思いながら、「そうです」とだけ答え、車に駆け寄ると

おじさんは「なんか、ぶつかってしまったみたいで・・・」と歯切れ悪く言いました

私は、おじさんが「みたいで」と言ったことと、いつまでもドアを開け、ぶつけたままにしていることに腹を立てながらも、極力怒りを表に出さずに「いつまでぶつけたままにしてるんですか?」と言い、自らおじさんの車のドアを動かし、私の車についた傷を確認しました

私の車には、思いっきり、おじさんの車の色がくっついていましたが、指でこすると、ほんのちょっと傷が残るくらい、ワックスかければ、ほとんど目立たないかな?ってくらいの傷に思えたので、おじさんのお詫びの言葉をもって終わらせなければいけないなと思いました

すると、傷をみている私に、おじさんはこう言いました

「よろしければ、弁償しますよ」



何でしょう?抑えるつもりが、ものすごく腹が立ちました

お詫びの言葉が最初に出てこなかったことか、「よろしければ・・・しますよ」という少し上からの表現か、おじさんの言葉を「弁償すればいいんだろ?」的に感じたのかわかりませんが、とにかく腹が立ちました

私は立ち上がると、おじさんにこう言いました

「失礼ですけど、こういう時はお詫びが先じゃないんですか?」

何にも失礼とは思いませんでしたが、おじさんの方が年上でしょうから・・・

すると、おじさんはヘラヘラ笑った顔で「どうもすみません」と言いました

責められたり、立場の悪い時に、ヘラヘラ笑う人って、たまにいます

つい笑ってごまかそうとしちゃうのは理解しますが、それは、ある程度の間柄があって成立すること

私は、おじさんは本当は謝りたくないんだと感じました

私が年下だからか、それとも一緒にいる人の手前、見っともないところを見せられないからか・・・

そして、その時になって、はじめて運転席の人に目をやり、助手席側に立つおじさんの向こうにストライプのワイシャツ姿の人が肩から腕にかけて見えました

私は、サラリーマン2人組だと勝手に認識し、部下の手前、私にちゃんと謝ろうとしないおじさんには、抑えることなく、とことん言ってやろうと思いました

私は、「何がおかしいんですか?何、笑ってるんですか?」と、言葉を荒げることなく言いました

おじさんが「は?笑っていませんが・・・」と変わらずヘラヘラしながら言うので、「笑ってるでしょうが!人の車に傷をつけておいて、何がおかしいんですか!」と怒鳴りつけました・・・

おじさんは、「いえ、笑ってはいません。ひょ、表情です・・・」と、今度は神妙な表情(いや、少し笑ってたかも・・・)で答えました

いま思えば、「表情です」って返答は、うまいこと言うなぁって感じますが、その時は、私を更に怒らせるだけでした

抑えられなくなった私は、「あなたね、いい年した大人が、人の車を傷つけておいて、ちゃんと謝ることもできない、ヘラヘラ笑ってるって、どういうことですか!」と、まくし立てました

すると、おじさんは、やっと笑うことを止め、「大変、申し訳ありませんでした。どうしたら、許して頂けるでしょうか?」と言いました

私は、熱くなって興奮した気持ちを落ち着かせねばと思い、おじさんから目線を外し、おじさんの車の後部座席に初めて目をやりました

すると、私の目に映ったのは、スモークを貼った窓越しに見える中学生から高校生くらいの女の子でした

スモーク越しではっきりとは見えませんでしたが、向こう側の席にも人影がありました

改めて運転席に目をやると、運転席にいたのは、サラリーマンではなく、ストライプのワイシャツ姿のご婦人でした

おじさんは、サラリーマンの2人組ではなく、帰省か旅行の家族連れでした

やっちゃいました

悪いのはおじさんですが、家族連れで、長であるお父さん(お母さんが長かもしれませんが・・・)を家族の面前で怒鳴り散らしてしまいました

悪いのはおじさんですが、この後の旅行とか、イマイチな雰囲気になりますよね・・・

悪いのはおじさんですが、今回のことをきっかけに娘さんとの仲がギクシャクしたり、もしかしたら娘さんがドロップアウトしちゃったり・・・

とにかく、後悔しました

が、後悔したとは言え、全てをなかったことにして、おじさんに謝るなんてこともできないし・・・

なんとも複雑な気持ちになりました

熱くなってしまった自分への怒り、なんで、ちゃんと謝ってくれなかったおじさんへの怒り・・・

もうなんか、このままじゃ、どうにもならない感じで・・・、私はおじさんに言いました

「もう車の傷のことはいいですから、今すぐ車をどかしてくれませんか?あなたのことを許しますが、目の前にいられると不愉快ですから、今すぐどこかに行ってください!」

おじさんは、私にたかられると思っていたんでしょうか・・・、「それでいいんですか?」と言うなり、車に乗り込み、奥様らしき人に車を動かすよう言い、心からのものではないでしょうが、何度も頭を下げていました

おじさんたちを見送り、私は車に乗り込みましたが

収まりつかない怒りと後悔と、家族の間がギクシャクしないようにという願いと・・・

もっと怒鳴り散らせばよかったかな〜

なんて思いながら、しばらくぼーっとしてました

いまさらながら、家族からおじさんの態度の悪さが批判されて、私のしたことが正当化されてたらいいな〜という都合のいいことを思い、今後の戒めにしたいと思います

なってないか〜(^_^;)
長文のお付き合い、感謝しますっ
スポンサーサイト

≪ エックス線検査(^^)ホーム釣りの思い出(^^) ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

ぴ★すけ

Author:ぴ★すけ
サラリーマンです
思い出しながらの、不定期な感じの更新になると思いますが・・・読んで笑ってやってください
コメントも頂けるとうれしいです~

FC2カウンター

ブログランキング

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。